• HOME>
  • 設備紹介

工場名をクリックで工場内の設備詳細がご覧いただけます。

第4鍛造工場

×

切断および加工工場

×

事務所

  • 事務所外観

  • 1階エントランスホール

  • 2階プレゼンルーム

×

 技術革新の激しい現代、当社ではいち早く機械化を推進してまいりました。常に一歩先を見据えながら、より効率的かつ独自性の高い生産設備体制の構築を目指し、積極的に製造設備を導入しております。現在では自社仕様の製造設備も多数導入し、効率的な生産を展開しております。

鍛造

1050Tローリングミル

設置:
2013年5月
特徴:
水平1050ton(常用800ton)、垂直800ton(常用600ton)の世界最大級の圧延力を持つローリングミル。
製品外径800~3000mm、高さ100~1000mmで構造用鋼から変形抵抗の高い超合金まで材質、形状を問わず、パワーを活かした高品質で精密なリング成形が可能です。
  • 1050Tローリングミル
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 圧延作業風景

    圧延作業風景

8000トン油圧鍛造プレス

設置:
2006年3月
特徴:

通常鍛造時に6300ton、据え込み時には8000tonの加圧力を発揮する当社最大の油圧鍛造プレス。
45T自走式マニプレータとの組み合わせにより最大45トンまでの鋼塊を分塊することが可能です。
また、鋼塊の分塊、鍛伸作業のみならず、リング、ディスク、異形品など様々な大型火造り品の製造にも対応可能です。

  • 8000トン油圧鍛造プレス
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 45T自走式マニプレータ

    45T自走式マニプレータ

4000トン油圧鍛造プレス

設置:
2000年9月
特徴:

通常鍛造時に3000ton、据え込み時には4000tonの加圧力を有する油圧鍛造プレス。
20Tマニプレータとの組み合わせにより最大20トンまでの鋼塊を分塊することが可能です。
自走式マニプレータの採用により鋼塊の分塊、鍛伸作業のみならず、リング、ディスク、異形品など様々な大型火造り品の製造にも対応可能です。

  • 4000トン油圧鍛造プレス
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 20T自走式マニプレータ

    20T自走式マニプレータ

1800トン油圧鍛造プレス

設置:
2009年8月
特徴:

1600トンプレスと基本構造は同様ですが、高性能な加熱炉を導入し、温度管理が重要なチタン合金などの 非鉄製品の製造に対応可能です。

  • 1800トン油圧鍛造プレス
  • オペレータ室内

  • 7.5T自走式マニプレータ

    7.5T自走式マニプレータ

1600トン油圧鍛造プレス

設置:
1982年(1999年、2013年オーバーホール実施)
特徴:

7.5T自走式マニプレータとの組み合わせにより、9トンまでの鋼塊の分塊作業が可能です。
鍛伸、中空鍛造はもとより、最大外径2000mmまでのリング鍛造、ディスク鍛造、異形品など種々の火造り品製造に対応可能です。

  • 1600トン油圧鍛造プレス
  • 7.5T自走式マニプレータ

    7.5T自走式マニプレータ

  • 段付パイプ中空鍛造

    段付パイプ中空鍛造

1000トン油圧鍛造プレス

設置:
1994年(2012年オーバーホール実施)
特徴:
2T自走式マニプレータとの組み合わせにより、鋼塊の分塊(最大3トン)、鍛伸作業の他、パイプ、リング、ディスク、異形品など、種々の火造り品の製造が可能。
  • 1000トン油圧鍛造プレス
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 2T自走式マニプレータ

    2T自走式マニプレータ

800トン高速鍛造プレス

設置:
1989年(2010年オーバーホール実施)
特徴:
油圧制御による高速モードを搭載した当社独自の鍛造プレスで、 毎分90ストロークの高速鍛造を実現し、加工温度範囲の狭い 難加工材の鍛造が可能です。
マニプレータとの連動運転による鍛伸作業において特に威力を 発揮します。
  • 800トン高速鍛造プレス
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 3Tマニプレータ

    3Tマニプレータ

500トン高速鍛造プレス

設置:
1997年(2005年オーバーホール実施)
特徴:
高速鍛造モードを備えるプレスで、高速鍛造モードは毎分180ストロークの超高速鍛造を実現。
マニプレータとの連動運転による鍛伸作業を得意とし、リング鍛造の火造り品鍛造にも対応可能です。
  • 500トン高速鍛造プレス
  • オペレータ室内

    オペレータ室内

  • 1Tマニプレータ

    1Tマニプレータ

250Tローリングミル

設置:
1991年
製造可能最大外径:
1500mm
製造可能最小内径:
300mm
製造可能製品重量:
1600kg
特徴:
加圧力が高く、変形抵抗の高い難加工材のリング圧造が可能な高精度リングミル。縦型のユニークな設計で、省スペースを実現。

加熱

加熱炉

  形式 処理能力 台数
温度帯域 重量
鍛造加熱炉 固定炉床式 高温:700~1250℃ 3~50ton 20
中温:450~1000℃ 1
低温:300~650℃ 5
  • 50T台車式均熱炉

    50Tバッチ式加熱炉(高温加熱炉)

  • 100T台車式均熱炉

     

  • 100T台車式均熱炉

熱処理

台車式均熱炉

  形式 処理能力 台数
温度帯域 重量
熱処理炉 台車式 500~1100℃ 12~100ton 5
台車式均熱炉:
計5基 (使用可能温度範囲: 450~1000℃)
100T炉 1基 (使用可能長さ:12M)
50T炉  1基 (    〃   : 9M)
20T炉  2基 (    〃   : 7M)
※2炉/3スパンの省スペース設計
12T炉  1基 (    〃   : 5M)
  • 100T台車式均熱炉

    100T台車式均熱炉

  • 20T台車式均熱炉

    20T台車式均熱炉

切断

切断および加工工場

切断機:
計9基(250~2500mm)
正面旋盤および汎用旋盤:
計6基
ラジアルボール盤その他工作機械:
計4基
正面旋盤および汎用旋盤:
計5基

天井走行クレーン(加工工場:20トン、3トン)(第1工場内 検査40トン、15トン、3トン)

研削

グラインダロボ

作業者の作業環境改善と作業能率向上を狙いに開発されたグラインダロボは、スライドテーブルの採用により効率的な疵取り作業が可能です。
分塊作業中の材料など、高温、大型材料の表面に発生した疵の除去に効果を発揮します。

  • グラインダロボ
  • グラインダロボ
  • グラインダロボ

検査機

引張り・圧縮試験機

機械試験はNK検定に合格した各試験器により、引張り試験、衝撃試験、硬さ試験を実施することも可能です。

詳しくは品質保証体制で紹介しております。


PageTop

copyright© 2016 Nakamura Iron Works Co.,Ltd. All rights reserved.