• HOME>
  • 会社情報

理念

「一般産業機械用機械部品及び 宇宙・超電導・航空・船舶・ 原子力用部品の鍛造および関連する金属加工」

 当社の鍛造技術への取組みは、大正10年にさかのぼります。 「石」を加工するための道具づくりからスタートした当社の鍛造技術は、時代とともに高度なニーズ応える産業機械部品へと発展。 常に現状に満足することなく、独自の技術思想を生み出してきました。

そしてこれからも、高度化する顧客ニーズに対して高付加価値・最高品質でお応えするため、技術開発に関わる全ての人材の育成と高度かつ最適な設備の充実を実施。 そのシステム化を通じて、最も合理的な製造技術をあらゆる視点から検討・開発し、当社独自の豊かな技術体系の形成・発展・継承に努めています。

会社概要

商号 株式会社中村鉄工所
所在地 〒485-0806 愛知県小牧市大字野口字岳造147-1 
資本金 25,784千円
代表者 代表取締役 中村 総一郎
営業品目 金属の鍛造、熱処理および機械加工
並びにそれらに付帯する一切の業務

沿革

  • 1921年

    名古屋市千種区今池において創業

  • 1936年

    名古屋市東区矢田町に工場建設

  • 1951年

    法人組織に改組

  • 1967年

    愛知県小牧市野口に43,000m²の用地を確保
    第一期工事として機械工場、切断工場の建設に着手(現第2工場)

  • 1968年

    第一期工事完了に伴い生産部門の移転を開始
    第二期工事として機械工場、厚生施設などの建設に着手

  • 1969年

    米国およびアジア向けに輸出を開始

  • 1974年

    優秀合理化企業として愛知県知事より表彰を受ける

  • 1978年

    第三期工事として鍛造工場増設(現第1工場)
    愛知県工場緑化コンクールに特選入賞

  • 1981年

    第四期工事として鍛造工場増設(現第3工場)
    1600T 鍛造プレス導入

  • 1983年

    日本海事協会(NK)承認工場になる
    米国サンフランシスコに駐在所を置く

  • 1986年

    V2500 ターボファンエンジンの重要部品の生産開始

  • 1988年

    第五期工事として第3工場を増設
    800T 油圧クランクプレス導入

  • 1991年

    250T ローリングミル導入

  • 1994年

    1000T 油圧鍛造プレス導入

  • 1997年

    500T 高速鍛造プレス導入

  • 2000年

    第六期工事として第4工場を増設
    4000T 油圧鍛造プレス導入
    ISO 9002 認証登録

  • 2001年

    20T 大型マニプレータ導入

  • 2002年

    事務所棟増設
    発光分析器、金属顕微鏡導入

  • 2003年

    研削工場新設

  • 2006年

    第七期工事として第1工場を改築
    8000T 油圧鍛造プレス導入

  • 2009年

    第八期工事として第5工場を増設
    1800T油圧鍛造プレス導入

  • 2013年

    JISQ9100認証取得
    1050Tローリングミル導入

  • 2016年

    北側隣接地6,000坪を取得

  • 2017年

    切断工場、検査場を移設予定

アクセスマップ


PageTop

copyright© 2016 Nakamura Iron Works Co.,Ltd. All rights reserved.